来客数を2倍にしませんか?売上をあげるための「顧客管理サポート」 来客数を2倍にしませんか?売上をあげるための「顧客管理サポート」 来客数を2倍にしませんか?売上をあげるための「顧客管理サポート」

お客様が来店する理由とは

  • 特別に好きな料理がある。
  • 他では食べられない料理がある
  • 店の雰囲気が好き
  • 場所が良い
  • 好きなお酒がある
  • 旬のものが食べられる
  • 楽しいイベントがある

もっと詳しく知りたい方はこちら

  • 金券バック
  • ボトルキープカード
  • ドリンク半額
  • 会員カード
  • スタンプカード
  • 正月フェアー+旧正月フェアー
  • 旬のものフェアー

もっと詳しく知りたい方はこちら

セミナー情報

会社設立・合同会社設立支援センター

大田区の確定申告

相互リンク

売上を2倍にしましょう 飲食店サポートセンターの「顧客管理サポート」

check

繁盛店になるためのマーケティングのお手伝いをいたします。 ・顧客管理サポートによる増販増客 ・飲食店経営に特化したコンサル ・販売促進方法をお伝えします ※当センターはFAAJ飲食店サポートクラブ会計人会員です

メールでのお問い合わせはこちら

飲食は身近なレジャー
私が子供のころはテーマパークや美術館もあまりないため、休みの日の楽しみは月に一度家族みんなと食事をすることでした。日曜日が近づくと今度はどこに連れて行ってもらえるだろうかとわくわくしていました。私が言うレジャーとは、生活に欠かせない喜びとか楽しさということです。人が飲食店を利用する理由は、利便性トレジャー性の二つがあると思います。利便性という点では、コンビニが圧倒的に強いといえるでしょう。弁当などの商品力はもちろん、ニーズを徹底的に追及する品揃えや新商品の開発など、コンビニを展開する大資本のパワーに一般の飲食店が勝てるはずがありません。しかし、レジャー性での勝負となれば今度は飲食店が圧倒的に有利になります。家族で楽しむなど豊かな楽しさが求められれば、その楽しさを提供できるのは飲食店だけです。ただ、昔と今とでは求められるレジャーの中身が違ってきています。これまでは、ただ飲食物を提供していればレジャーの場として十分に適用していたのですが、今は豊かな時代にふさわしいレジャー性を提供できなければ、お客様は認めてくれない時代なのです。単に料理を売るという発想では、もはや飲食店とは言えないし、それではコンビニに勝てません。 そのことを正しく認識し、豊かなレジャー性を高めることが、飲食店繁盛の絶対条件なのです。飲食店の繁盛は社会全体の楽しみを生む。そのため、私は飲食店を支援する税理士になろうと考えました。